【まちぐり的】気になるガーデニングNEWS(10/16)

NEWSまとめ

ガーデニング手袋(グローブ)の選び方・おすすめ7選

ガーデニング手袋(グローブ)の選び方・おすすめ7選 (2020年10月15日) - エキサイトニュース
花の寄せ植えや家庭菜園など、園芸を楽しむ時に欠かせないのが「ガーデニング手袋(グローブ)」です。ケガや害虫、時には紫外線からお肌を守ってくれるので、ひとつ持っていると重宝します!ここでは種類や使い方を...

庭仕事をする時に手袋は欠かせないアイテムですね。ちょっとした作業でも気付いたら爪の間が緑色に…指紋の間?に土がこびり付いてなかなか取れない…なんて事もよくあります。

蒸れるのが嫌で通気性を重視するなら背抜きタイプ(手の甲がメッシュになってて通気性が良い)がおすすめです。このタイプは沢山の種類が安価で出回っているので入手しやすいのもいいところ。

「軍手でいいじゃん!」と思う人もいると思いますが、少し細かい作業をするために指先も使いたい場合は軍手だとモサモサして作業がしづらかったりします。

指先がうまく使えるかどうかははめてみて調子を見るのがいいかもしれません。

こんな事いっておいて、私は素手が一番好きだったりします。

新型コロナで人気増 園芸や観葉植物などのガーデニング展示会

新型コロナで人気増 園芸や観葉植物などのガーデニング展示会 | NHKニュース
【NHK】新型コロナウイルスの感染拡大で自宅で過ごす時間を楽しもうと、ガーデニングの人気が高まる中、園芸や観葉植物などに関連する商…

国際ガーデンEXPOは大好きで毎回行っていましたが今年は断念。都合がつきませんでした。(あとちょっと遠い…)

確かにコロナの影響で在宅が増え、ガーデニング用の苗の需要が高まっているというのは同業の園芸屋、花屋さんからよく聞きました。

全く個人的な見解ですが、今後家具業界が参入してくるんじゃないかと思います。今まではガーデニングというと土臭い印象でしたが、植物をインテリア色強く感じる方が増えれば触れるほど植物と家具の境界線が曖昧になるはずです。

ガーデニング業界はどうしてもかつてのイングリッシュガーデンブームをひきずっている感があり、デザインが時代に追いついていません。

私自身、インテリアデザインを勉強していた時期もあり関心度高め。

今後の変化に期待大です!